MHP2G(モンスターハンター ポータブル2ndG)の攻略プレイ日記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
村クエにて、魚竜種のガノトトスの狩猟に成功。
費やした時間は、おおよそ約40分。

討伐方法としては、弱点であるフルフルホルン(電気属性)を片手に釣りカエルを利用。
ガノトトスは、×ボタンで「じゃがみ」状態で近付くとこちらの存在に気付かないのがポイント。
この状態で湖に釣りカエルの糸を垂らすと、ものの見事に引っかかってくれるため重宝。

基本的に、釣りカエルで「地上に引きずり出す→フルフルホルンで弱点である首~頭部を殴る」の繰り返しでした(;^ω^)
引きずり出した後は、ある程度モンスターに近付きブレス攻撃を誘う→突き出た頭部を武器で殴るの基本戦術でOK。

ちなみに、お世話になる釣りカエルの採取ポイントは砂漠マップのエリア3(④の箇所)で無限に採取が可能。
クエストクリア後は、追加で出てきたガノトトス亜種(緑色)の依頼を立て続けにクリア。

こちらは、フィールドが密林に移りますが、同じく密林マップのエリア3(③の箇所)にて、釣りカエルが無限に採取可能です。
スポンサーサイト
一昨日、XLink Kaiにてフルフルを討伐。
お馴染み、kaiとはアドホックモードに対応したソフトをインターネットを通じて、対戦・協力プレイできるフリーソフト。

事の八反は、自分がフルフルより剥ぎ取れる「ブヨブヨした皮」を欲求した事が始まり。
苦戦している魚竜「ガノトトス」は電気が弱点と言う事で、電気属性の狩猟笛(=フルフルホルン)が生産できればと・・。

そこで、自分だけでは飛竜「フルフル」を狩猟するのが困難なため、一人の頼れる男「H氏」を引き連れて雪山へ。
ちなみに、H氏とは屈指の太刀使いであり、ポポを狩らせたら右に出るものはいないと言う。
初めて顔を合わせた時は、ランポスシリーズで身を固めていて驚いたぜ、ゴクリ・・。

で、狩猟の結果から言うと、無事にフルフル×2匹を捕獲できました。
受け取った報酬素材より、ポッケ村の加工屋にて念願の「フルフルホルン」を生産することに成功。・゚・(ノ∀`)・゚・。
やはり、協力してモンスターの狩猟を行うと、大幅に楽ですね。

感想としては、おおよそ1匹の討伐に約10分ほど。
ラグなどは同期を取っていないため、kaiでは軽快に動くことが可能。
レビューサイトなどでもよく記載されていますが、2人以上での狩猟はオフプレイとは別格の楽しさがありますね。

失礼ながらも、仲間がフルフルに弾き飛ばされる姿は見ていて面白かったw
が、前と後ろを交互に担当して一匹のモンスターを追い詰める姿は、これぞモンハンと言った感じ。
2人でこの面白さであれば、3人以上の多人数プレイでは非常に期待が掛かります。

この協力プレイを経験して、MHP2はオフだけで楽しめない作りだなと改めて実感。
自分は一掃、オフプレイでのやる気が上がったと言う感じです。

追記:
フルフルが怒り状態になった際に、自分だけ別エリアに非難して仲間がやられてしまったのには反省w
ザザミシリーズ
村クエLv3のクエストを半分ほどクリアした所。
そして、左の画像は現在の装備品。

武器=ウォーコンガ(狩猟笛)
頭=ザザミヘルム
胴=ザザミメイル
腕=ザザミアーム
腰=ザザミフォールド
脚=ザザミグリーヴ

見た感じ、アメフト選手の様な姿。
肝心の素材は、密林などに生息する「ヤオザミ」と呼ばれるヤドカリより、せっせと採取。
そして、今は「ガノトトス」と呼ばれる魚竜種を討伐するのに手こずっていると言った所。
湖を徘徊しているためガンナー以外では攻撃を当てずらく、地上に出てきた所を叩いてもやたら暴れるため非常に苦戦。

何でも、釣りカエルを利用すると驚くほど簡単に討伐できるそうですが、効果は未知数。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。