MHP2G(モンスターハンター ポータブル2ndG)の攻略プレイ日記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
同人さんによる対戦格闘ゲーム「アカツキ電光戦記」を色々と触ってみた感想。

■攻撃
使用するボタンは「小・中・大」の三つ。
複合コマンドとして、小+中で「投げ」、中+大で「攻性防禦(こうせいぼうぎょ)」が可能。
ちなみに、攻性防禦とは通常攻撃をブロッキングする要素で、このゲームでは「打撃は投げに強く、投げは攻性防禦に強く、攻性防禦は打撃に強い」の三すくみで成り立っている。

基本的に、チェーンコンボは小>中>大>必殺技>特別攻撃(超必)と繋がっていき、非常にお手軽。
また、空中に吹き飛んだ相手には追撃が可能で、落下してくる所にコンボを叩き込むことが可能。
基本的に通常攻撃のガトリングルートがそれなりにあり、且つ、必殺技のコマンドも容易なため、さほど複雑な操作を要求されないのが嬉しい所。

■防御
中段・下段の区別があり、空中ガードも可能。
また、空中投げも可能なため、相手を崩すパターンは豊富。
攻性防禦はお手軽なカウンターと言った所だが、ブロッキング後の追撃は少々の慣れが必要。

■移動面
ダッシュの概念はなく、44と66共にステップ移動。
また、空中ダッシュと2段ジャンプも不可能だが、ゲーム展開自体はスピーディ。
個人的にはステップ投げが熱い。

■結論
興味があるならプレイしてみても良いんジャマイカ? m9っ`Д´) ビシッ!!
スポンサーサイト
先日、体験版をダウンロード。
リンク先にDLボタンが多数用意されていますが、中でも「mirror3」のDL速度がスピーディ。

ちなみに、体験版で使用できるキャラクターは「アカツキ、不律、マリリン・スー、エレクトロゾルダート」の4人のみ。
体験版ではネット対戦も可能ですが、プレイ人数は2人まで(CPUを入れての4人バトルなら可能)

簡単なキャラ紹介でも。

■アカツキ
アカツキ電光戦記の主人公。
技の繋がりがお手軽で、比較的チェーンコンボを決めやすい印象。
また、飛び道具や対空必殺技など必要なものは一通り揃っている。

■不律(ふりつ)
刀を持った爺さん。
武器を扱うためリーチが長めで、刀による通常攻撃には削り効果がある。
ただ、必殺技の大半が「間合い調節」と言う玄人仕様のため、扱いは難しそうな予感。
口癖は「こっちじゃ」

■マリリン・スー
巨乳でケツのでかいネーちゃん。
ゲーム中でもおっぱいがプルンプルンと揺れ、相手によっては最早対戦どころでは無い。
フェイロンを彷彿とさせる波動拳コマンド(236)からの派生技と、張り手のような突き飛ばし攻撃が売り。
本スレ曰く、製品版の「塞」と並んで強キャラ疑惑。

■エレクトロゾルダート
通称「ガイル」
異様に名前が長いが、4溜め6の飛び道具や、2溜め8のサマーソルトキックなどガイルを髣髴とさせる。
基本的にアカツキと似て通常攻撃も扱いやすいキャラクター。
アカツキ電光戦記公式サイトにて、応援バナーが貸し出されていたため、ダウンロードして拝借。

Q.アカツキ電光戦記とは?
A.Windows 2000/XPに対応した対戦格闘ゲーム。
最大4人までのチーム戦が可能で、一番の売りはネット対戦に対応している事。

何でもこの作品は同人の方々により自費製作・販売されているそうな。
そのため、キャラ絵や公式サイトの方も手作り感があって何とも良さげです(*´ω`*)
このアカツキ電光戦記を知ったきっかけは、メッセでのコール氏からの情報。

何でもかなりの良ゲーらしく、しっかり格闘が出来ているとか何とか。
近い内に製品版の購入も予定しているそうで、自分もネット対戦が可能な体験版の方をダウンロードしてみようかと検討中。

※実際の対戦動画は続きを読むにて
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。