MHP2G(モンスターハンター ポータブル2ndG)の攻略プレイ日記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
モンハンの色々気になる部分。

1.新旋律の「高周波」が使いにくい
せめて黄色の♪3つではなく、♪2つぐらいなら「音爆弾」の代用のように使えたかも?

2.相変わらずカメラワークに難あり
壁際にプレイヤーが移動すると「真上視点」となるため、対峙している正面のモンスターが見えません・・。
これが原因で死亡した回数は数知れず。

3.ラオシャンロンなどの一部の大型モンスターに時間が掛かりすぎる
特に、「砦」は最終エリアに到達するまで討伐できない仕様になっているため、どのエリアでも倒せたらなぁと。
ただ、登場シーンのムービーがスキップできるようになったのは、嬉しい仕様変更。

4.レア度4以上の素材交換
多分、これがあると無限増殖やら何やらの問題が応じるため、無い方が良いのかも知れません。

5.クモの巣、石ころ辺りのショップ販売
特に、クモの巣は無限採取できるエリアが無いため、ネットの調合のためにもあると便利かな?

6.回復薬、こんがり肉を食べたときの無駄なアクション
これがあってこそのモンスターハンターかもw

7.釣り中のランゴスタ
旧砂漠で「釣りカエル」を利用してガノトトスをおびき寄せる際に、背後から刺された回数は数知れず。

8.訓練所が長い
一度覚えれば後はスイスイ進むため、こればっかりはしょうがない・・。
スポンサーサイト
もう既にプレイ時間は200時間を突破していますが、色々と項目を分けて感想を執筆。

■システム
ゲーム自体は、プレイヤーがハンター(狩人)となって特定のモンスターと対峙すると言ったシンプルなもの。
武器の種類は全部で11種類あり、各々のアクションはそれほど幅が無いものの、モンスターによりその使い分けが重要となるため単調ではないのだけは確か。

プレイヤーが操作するハンターは成長概念がないため、装備品が整っていない場合は1~2撃で死亡と言う事もザラ。
そのため、この緊張感を楽しめずに度重なるクエストのやり直しにマンネリ化を感じるかどうかが、熱中できるかの分かれ目となる。
ちなみに、自分は前作(2nd)では約40時間ほど進んだところで、特定のモンスターを倒せないことを理由にやめました・・。

■オトモアイルー
NPCとしてプレイヤーの手助けをしてくれるアイルー(猫)
ただ、あまりの過信は禁物である程度育成して、ようやく雑魚モンスターを1人(匹?)で倒せるレベルの強さ。
たまにプレイヤーの攻撃が当たったり、オトモから爆弾を投げつけられてイライラする事もあるが許容範囲。

嫌なら待機させることも出来るが、やはりボスモンスターと退治するときなどは「囮」として一役買ってくれるため、中々に頼れるネコさんである。
恐らく、前作と比較するとこの要素のおかげでソロの難易度がクエストによっては、若干落ちた感想です。

■メディアインストール
2ndGの新要素の中では、一番重宝している機能。
前作の長ったらしいロード時間(クエスト開始前に20秒、エリア移動に3~5秒)が、おおよそ10分の1単位に。
そのため、XLink Kaiを使ったオンライン集会所でも出発前の気まずい雰囲気が無くなり、サクサクと進行できるように。

メディアインストールの「キュッ、キュッ、キュッ、ニャー!」の猫ダンスは、頭から離れないこと間違いなし。

■G級クエスト
2ndGのクエストには「下位→上位→G級」の難易度が存在。
前作では中間の「上位」までしか用意されていませんでしたが、今作ではMHP(初代)より「G級」が復活。
最高難易度だけあり、ソロでのクリアは一筋縄ではいかないマゾ仕様(敵のステータス大幅アップ、攻撃パターンの増加etc)

また、どのボスモンスターも肉質が異様に堅いため、白ゲージで武器を弾かれてしまうと言った事もザラ。
そのため、弱点以外or紫ゲージ以外では武器が通らないことも多だあるため、それにストレスを感じてしまう事も。
とは言え、4人でクエストに挑戦すると途端にヌルイ難易度にもなるため、どう楽しむかはプレイヤー次第かも?

■まとめ
恐らくですが、kaiを使ったオンラインプレイが無ければ、それほどやり込まなかった気がします。
mk2などの大手レビューサイト様でも挙げられていますが、1人では辛い・4人では楽勝と言った感じに難易度の幅が大きいため、周囲に一緒にプレイする環境(もしくはXLink Kai)が整っていれば初心者さんでも買いのゲームかと。

経験者の方に一緒に素材(装備品の元となるアイテム)を集めてもらい、作成した装備品でソロ(1人用)を楽しむも良し。
基本的に終わりの無いゲームのため、やり込むほどに時間をとられるゲームですが、これが人によっては時間の無駄と感じる方もおられると思います。
が、数千円ぽっちでこれほど毎日楽しませてくれるゲームも中々無いかと。

モンハンは、言わせて見ればネトゲ(特にMMO)と似たような感覚を覚えますが、既に200万本を売り上げた実績もあり、プレイ人口が比較的多い事が楽しめている要因かな?
1.武器に狩猟笛を選択していると、「角笛」「鬼人笛」と言った笛アイテムが壊れにくくなる
2.時々、エリアの上空を浮遊している古龍観測局(竜人族)の「気球」に向かって、アクション(手を振る)と千里眼と同様の効果を得られる
3.集会所にて、テーブルに座った状態で○(酒を呑むアクション)を数回繰り返すと、動きがフラフラになり酔っ払う(NPCに話すと治る)
4.アドホックでアイテムを渡した状態でセーブしないで終了すると、渡したアイテムが復活する(アイテムの無限増殖)

・・4に関しては、色々なサイトで裏技的要素として扱われているみたいですね。
ただ、レア度3以下のアイテムにしか使えないとは言え、あまり推奨できる技では無い事だけは確かかな?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。