MHP2G(モンスターハンター ポータブル2ndG)の攻略プレイ日記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クリアタイム

無事にロックマンDASH2をクリア。
画像はスタッフロール後に表示されるクリアタイムなんですが、約11時間ほどで一周する事ができました。

昔のゲーム(2000年にPS版が発売)なだけあり、ボリュームは少なめ、肝心のダンジョン数は全部で6個ほど(サブダンジョンを含めると、10個ぐらいに)

事前のネタバレ情報ではストーリーは未消化の部分が多いとの事でしたが、いざクリアしてみると、結構スッキリとした感じでした。
確かに、続編(DASH3)に続く展開もありそうですが・・。
■感想まとめ
簡単にレビューを。

1.グラフィック
やはり、他のPSPソフトと比較するとかなりドットが荒いです。
ワイド表示も出来るんですが、元の画像を引き伸ばしただけのため、実はワイド表示にしないほうが美麗だったり(ノ∀`)
※オプションで切り替え可能

2.キャラがフルボイス
確か、1もフルボイスだったかな?
記憶に残っていないので不明ですが、やはりこれがあると無いとでは、キャラクターへの感情移入の仕方も変わってきます。

3.初心者にも安心、ロックオン機能
エイム(照準合わせ)が難しくても、ロックオンを使用することで簡易的に敵を排除する事が可能。
LPを押しながらと言うのが少々面倒ですが、オプション設定で「自動」に変更する事も出来るため、操作が楽なのは嬉しい所。

ただ、敵が複数いると次々にターゲットが切り替わるため、この頻繁なカメラ移動にストレスを感じる時も(#^ω^)

4.ロールちゃんの改造費が安く
DASHシリーズは特殊武器の改造費が高いことで有名なんですが、PSP版のリメイクでは大幅に値下げされました。
相変わらず法外な値段の特殊武器も存在するのですが、PSのオリジナル版よりもゼニーの出費を抑えることが可能に。


・・色々と執筆しましたが、シナリオ目的でクリアするだけなら10時間ほどで終わらせる事が可能なため、
ダンジョンのディグアウト(探索)などが面倒でなければ、プレイしてみる価値はあるかもヽ(゚∀゚)ノ
スポンサーサイト
グライドのアジトをクリアしてから、ニーノ島の遺跡(2つ目の封印の鍵)>サウル・カダ島の遺跡(3つ目の封印の鍵)と進行。
かれこれプレイ時間は約8時間ほど、今はヨーションカ(最初の街)で最後の鍵をディグアウト(※)中。
※ディグアウト=ロックマンDASHシリーズの「ダンジョンに潜る」といった意味合い

色々と詰まる部分があったため、以下に攻略メモ。

■ヨーションカの街
1.アパートに移動し、102号室へ向かう
空賊のイベントを起こすには、ジョーの病室(102号室)へ立ち寄る必要あり。
列車の鍵を貰った後は、街中にいるロールちゃんに手渡すと空賊とのミニゲームが開始。

2.トロン一家&グライド戦に関する諸注意
途中、ミサイルを掴んで投げ返すように指示されるが、つかみ方に関しては△ボタン押しっぱなし。
飛んでくるミサイルをロックした後、△ボタンを押し続ける事によりキャッチできます(多少、失敗する時もあり)

3.最後の封印の遺跡では、ヒントの少ない謎解きが・・
該当する場所は、3つの穴と3体のリーバード(マンムー)が登場するところ。
このマンムーはバスターによるダメージを受けないため、倒すことは不可能。

謎解きに関しては、3つの穴にこのリーバード達をおびき寄せて落下させる必要あり。
ちなみに、穴の前でギリギリまで引き付けて「体当たり」を回避しないと、上手く落下してくれないため注意。
現在、ニーノ島(ルミノアの街)~カルバニア島(グライドのアジト)と進行中。
エピソード1の短編集に登場していたキャラクターもシナリオに絡んでくるため、全く関係の無い話ではなかったんですね。

記事タイトルの高速バスターについてなんですが、いわゆるボス戦などで重宝する小ネタ。
□ボタン(バスター)を押したまま、十字キーもしくはアナログパッドの↑を連射するとロックバスターが高速化する

何でも、S級ディグアウター試験をクリアするには、欠かせないテクニックだとか何とか。
注意点としては、バスターのモーションを前方移動で細かくキャンセルする仕組みのため、ジャンプ中では使用できないこと。
また、↑ボタン連打の弊害でロック自身の動きが制限されてしまうため、あまりに多用すると回避に専念できなくなる事の2点。

ちなみに、序盤で手に入る「ローラーダッシュ」も↑ボタンで加速できたりします(逆に、↓入力で減速)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。