MHP2G(モンスターハンター ポータブル2ndG)の攻略プレイ日記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
これからギルティギア イグゼクス スラッシュについて色々と執筆していくと思われますが、表記の仕方が不明なものが出てくると思われるので事前に色々と説明しておきます。

■十字キー(テンキー表記)
789
456
123

ノートパソコン以外のキーボードをご覧になれば判るかと思われますが、上記の数字はキーボードの「テンキー(数字キー)」
このテンキーを十字キーの操作に見立てる事により、「右上」や「左下」などの表記しにくいキー操作を説明する事が可能です。
つまり、テンキーの真ん中の「5」の数字をN(ニュートラル)に見立てると、1=左下/9=右上となります。
例として、スト2の波動拳コマンド「↓\→」の十字キー操作をテンキー表示で表すと「236」となりますね。

■ボタン操作(GGシリーズに準する)
P=パンチ
K=キック
S=斬り
HS=大斬り
D=ダスト
2D=足払い
※ダストについては、後日説明

一応、P~HSの4つの攻撃ボタンは「2(↓)、J(ジャンプ)」と組み合わせる事により性能が変化し、Sのみ距離間(近距離or遠距離)で性能が変化します。
また、P・HSのみ「4or6(←or→)」と組み合わせる事により性能が変化します(一部のキャラクターは「K」でも可能)
ダストは2Dの「足払い」以外にも空中で性能が変化するため、通常攻撃の種類はダスト系統と合わせるとかなりの数になります。
これに加えて、キャラごとの必殺技を併せると膨大な数に(特にジャムなんかは必殺技の個数が16個あるため、攻撃技の使い分けが大変)

次回は用語集とか。
コメント
この記事へのコメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://pspkai.blog98.fc2.com/tb.php/20-2141eba6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
ギルティギアの魅力的なキャラクターと、洗練されたバトルシステムが人気の対戦格闘ゲーム『ギルティギア』シリーズ最新作ついにps2に登場!!ギルティギア イグゼクス アクセントコアには、"ギルティギア ジェネレーションズモード"を搭載し、PS2に移植決定
2007/04/21(土) 00:21:04 | ギルティギア イグゼクス アクセントコア 攻略
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。